鹿児島市の矯正歯科 イーノ矯正歯科クリニック 自立支援医療・顎変形症保険指定医院

クリニック紹介 About Iino Orthodontic Clinic

リラックスした雰囲気で、
安心して治療を受けていただけるようつとめます。

よく噛めるということは、健康な生涯を送るためにとても大切なことです。
審美的にも機能的にも良い歯並びを生涯にわたって維持できるようご提案いたします。
歯並び・矯正治療に関するご相談は、お気軽にクリニックへお越しください。

スタッフ紹介

イーノ矯正歯科クリニック 院長 飯野 祥一朗

イーノ矯正歯科クリニック 院長 飯野 祥一朗
歯学博士/日本矯正歯科学会 認定医・指導医・専門医

プロフィール

院長ごあいさつ

良い歯並びとは、見た目にきれいに並んでいることはもちろんですが、口もとのバランスが整っており、咀嚼やあごの動きなど機能的にも正しいかみ合わせで、いわゆる「機能美」を満たした歯並びのことです。

昔の人の歯並びは現代人に比べてきれいで、その理由は食事時間と咀嚼回数にあるといわれています。昔は何回も噛まなければ食べられない食べ物が多かったため、昔の人は時間をかけてしっかり咀嚼していました。そのため、あごやその周りの筋肉が正常に発育し、歯並びもきれいだったようです。すなわち、昔の人の歯並びは自然な「機能美」を備えていたのでしょう。

しかし、これまでの、そしてこれからの「食」の変化を考えると、現代において「機能美」を満たした歯並びを自然に獲得することは簡単でないように思います。実際に小学校や中学校で歯科検診を行うと、まったく問題のない正常なかみ合わせの子は一握りで、ほとんどの子が何らかのかみ合わせの問題を持っています。

よく噛めるということは、健康な生涯を送るためにとても大切なことです。当クリニックでは、日本矯正歯科学会の認定医・指導医・専門医が矯正治療を行い、皆様の「機能美」を満たした歯並びが生涯にわたって維持されるように努めております。

プロフィール

歯科医師 飯野 綾
歯科医師 飯野 綾
歯学博士/日本矯正歯科学会 認定医・指導医/厚生労働省歯科医師臨床研修医指導歯科医

みなさまのご希望や生活スタイルなどをお聞きしながら、十分ご相談した上で、健康で美しいかみ合わせをつくるためのお手伝いをさせていただきたいと思っています。また、丁寧な説明を心がけ、患者さんやご家族が安心して治療をお受けいただけるように努めています。些細なことでもかまいませんので、お気軽にご相談ください。

プロフィール

歯科医師

  • 中川 祥子
  • 飯野 和男

歯科衛生士

  • 林 かおり
  • 川越 理江

歯科技工士

  • 飯野 健二朗

設備紹介

受付・待合室

カウンセリングルーム

診療室(個室)

診療チェア

ブラッシングスペース

ワーキングスペース

検査室

使い捨てスリッパも用意

診療時間

診療科目
矯正・一般・歯科口腔外科・小児
診療時間
9:00〜13:00/15:00〜19:00
(※第2日曜は休診日)
 
9:00〜
13:00
15:00〜
19:00
休診日
火曜日午後・木曜日・第2日曜・祝日
TEL
099-255-8148
駐車場
有り(詳しくは交通アクセスのページにて、またはスタッフまでお尋ねください)
メールアドレス
info@iino-kyousei.kagoshima.jp
イーノ矯正歯科クリニック 矯正・一般・歯科口腔外科・小児
9:00~13:00/15:00~19:00(※第2日曜は休診日)
休診日/火曜日午後・木曜日・第2日曜・祝日※都合により、診療日を変更する場合がございます。お電話にてご確認ください。
099-255-8148
info@iino-kyousei.kagoshima.jp
〒890-0072 鹿児島県鹿児島市新栄町1-1 2F
○JR鹿児島本線「南鹿児島駅」より徒歩7分
○市電線「南鹿児島駅」より徒歩7分
○市電線「二軒茶屋駅」より徒歩5分
○「南小学校前バス停」より徒歩1分
駐車場有り

イーノ矯正歯科クリニック 矯正・一般・歯科口腔外科・小児

鹿児島県鹿児島市新栄町1-1 2F

診療科目
矯正・一般・歯科口腔外科・小児
診療時間
9:00~13:00/15:00~19:00 ※第2日曜は休診日
休診日
火曜午後・木曜・第2日曜・祝日
※都合により、診療日を変更する場合がございます。
お電話にてご確認ください。
駐車場
あり ※詳しい場所はアクセスのページをご覧ください
ご予約・お問い合わせ
099-255-8148
info@iino-kyousei.kagoshima.jp

ページの先頭に戻る

menu
コンテンツ
ご予約・お問い合わせ
099-255-8148
info@iino-kyousei.kagoshima.jp

院長 飯野 祥一朗
プロフィール

略歴

1994年4月
鹿児島大学医歯学総合研究科歯科矯正学分野入局
1995年1月
鹿児島大学病院矯正歯科医員
1996年1月
鹿児島大学病院矯正歯科助教
2001年4月
宮崎大学医学部附属病院歯科口腔外科助教
2004年4月
鹿児島大学病院矯正歯科外来医長
2007年10月
鹿児島大学病院矯正歯科診療講師
2009年4月
飯野矯正歯科勤務
2012年11月
イーノ矯正歯科クリニック開業

免許・資格・賞

  • 日本矯正歯科学会 認定医(第2104号)・指導医(第609号)・専門医(第295号)
  • 歯学博士(鹿児島大学歯論第63号)
  • 平成14年度日本矯正歯科学会学術奨励賞(第11号)

所属学会

主な論文

『唇顎口蓋裂の裂型と上顎前方牽引の効果』
飯野祥一朗 大迫恒伸 四元みか 祁答院公興 井上龍治 伊藤学而
西日本歯科矯正学会雑誌,42 (1):11-18,1997
『オクルーザルスプリントと肘関節屈曲筋群の等尺性筋力との関連』
飯野祥一朗,黒江和斗,伊藤学而
Orthodo waves,60 (2):86-92,2001
『下顎骨後退術および上下顎移動術に伴う頭部、鼻尖、鼻下点に対する頬部豊隆の変化』
飯野祥一朗,迫田隅男,芝 良祐:
Orthodo waves,61 (4):216-223,2002
“Maxillary expansion using bone distraction technique in cleft lip and palate patients.”
Shoichiro Iino, Kenji Shomura, Akiro Okubo, Kazuhisa Sugihara, Gakuji Ito
2nd International Congress on Clinical and Facial Bone Distraction Processes, 379-382, 1999
“Unilateral advancement of the maxillary minor segment by distraction osteogenesis in patients with repaired unilateral cleft lip and palate.”
Kazuto Kuroe, Shoichiro Iino, Kenji Shomura, Akiro Okubo, Kazuhisa Sugihara, Gakuji Ito
Report of two cases, Cleft Palate Craniofacial journal, 40(3), 317-324, 2003
“An adult bimaxillary protrusion treated with corticotomy-facilitated orthodontics  and titanium miniplates.”
Shoichiro Iino, Sumio Sakoda, Shouichi Miyawaki
Angle Orthodontist, 76(6), 1074-1061, 2006
“Acceleration of orthodontic tooth movement by alveolar corticotomy in the dog.”
Shoichiro Iino, Sumio Sakoda, Gakuji Ito, Toshikazu Nishimori, Tetsuya Ikeda, Shouichi Miyawaki
Am J Orthod Dentofacial Orthop,131:448, 2007
“Isolated vertical infrabony defects treated by orthodontic tooth extrusion.”
Shoichiro Iino, Koji Taira, Miho Machigashira, Shouichi Miyawaki
Angle Orthod, 78:728-736, 2008
“Effects of mandibular advancement plus prohibition of lower incisor movement on mandibular growth in rats.”
Koji Taira, Shoichiro Iino, Takeshi Kubota, Tomohiro Fukunaga, Shouichi Miyawaki
Angle Orthod, 79:1095-1101, 2009
“Skeletal Class III and open bite treated with bilateral sagittal split osteotomy and molar intrusion using titanium screws.”
Rena Togawa, Shoichiro Iino, and Shouichi Miyawaki
Angle Orthod, 80:1176-1184, 2010
“Differences between Sliding Mechanics with Implant Anchorage and Straight-pull Headgear and Intermaxillary Elastics in Adults with Bimaxillary Protrusion.”
Isao Koyama, Shoichiro Iino, Yuka Abe, Teruko Takano-Yamamoto, Shouichi Miyawaki
Eur J Orthod, 33:126-131, 2011

歯科医師 飯野 綾
プロフィール

略歴

2003年3月
鹿児島大学歯学部卒業
2003年4月
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科歯科矯正学分野 入学
2006年12月
鹿児島大学病院矯正歯科 医員
2007年4月
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科歯科矯正学分野修了 学位取得
2007年5月
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科歯科矯正学分野 助教
2014年4月
日本矯正歯科学会編集委員会幹事
2017年6月
鹿児島大学病院矯正歯科 診療講師
2018年12月
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科歯科矯正学分野 講師

免許・資格・賞

  • 日本矯正歯科学会 指導医(第706号)、認定医(第2931号)
  • 歯学博士(総研第17号)
  • 第38回日本口蓋裂学会総会・学術集会 優秀ポスター賞
  • 第74回日本矯正歯科学会学術大会優秀発表賞
  • 平成27年度鹿児島大学歯学部同窓会奨励賞歯学部同窓会奨励賞
  • 第8回口腔先端科学奨励賞
  • H27年度ベストリサーチャー賞

所属学会

主な論文(第1もしくは2著者の論文のみ掲載)

  • Maeda-Iino A, Marutani K, Furukawa M, Nakagawa S, Kwon S, Kibe T, Tezuka M, Nakamura N, Miyawaki S. Evaluation of maxillary central incisors on the non-cleft and cleft sides in patients with unilateral cleft lip and palate — Part 1: Relationship between root length and orthodontic tooth movement. Angle Orthodontist. 2017; 87: 855-862
  • Maeda-Iino A, Furukawa M, Kwon S, Marutani K, Nakagawa S, Fuchigami T, Nakamura N, Miyawaki S. Evaluation of maxillary central incisors on the non-cleft and cleft sides in patients with unilateral cleft lip and palate — Part 2: Relationship of root resorption with horizontal tooth movement and quantity of grafted autogenous bone. Angle Orthodontist. 2017; 87: 863- 870
  • Maeda A, Bandow K, Kusuyama J, Kakimoto K, Ohnishi T, Miyawaki S, Matsuguchi T. Induction of CXCL2 and CCL2 by pressure force requires IL-1β-MyD88 axis in osteoblasts. Bone. 2015; 74: 76-82.
  • 福重雅美, 前田 綾, 上原沢子, 植田紘貴, 帆北友紀, 中村典史, 宮脇正一. 矯正治療中の口唇顎裂もしくは口唇口蓋裂を伴う患者の保護者における心理状態と関心事. 日本口蓋裂学会雑誌. 2015; 40巻 1号, 7-12
  • Maeda A, Uehara S, Suga M, Nishihara K, Nakamura N, Miyawaki S. Changes in Grafted Autogenous Bone during Edgewise Treatment in Patients with Unilateral Cleft lip/palate or Alveolus. Cleft Palate Craniofac J. 2014; 51(5): 525-531.
  • Maeda A, Sakoguchi Y, Miyawaki S. Patient with oligodontia treated with a miniscrew for unilateral mesial movement of maxillary molars and alignment of an impacted third molar. American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics. 2013; 144 (3): 430-440.
  • Uehara S, Maeda A, Tomonari H, Miyawaki S. Relationships between the root-crown ratio and the loss of occlusal contact and high mandibular plane angle in open-bite patients. The Angle Orthodontist. 2013; 83 (1): 36-42.
  • Maeda A, Tomonari H, Takada H, Miyawaki S. Class II high angle case for which titanium screws were added after mandibular posterior rotation. Orthodontic Wave. 2012; 71(2): 70-77.
  • 迫口陽子, 前田綾, 吉田礼子, 高田寛子, 宮脇正一. 矯正治療後に顎関節症状が改善した下顎の側方への機能的偏位と咬筋肥大を伴うアングルⅡ級ローアングル症例. 九州矯正歯科学会雑誌. 2012; 8巻 1号, 61-68.
  • 前田綾, 野添悦郎, 今村晴幸, 杉原一正, 中村典史, 馬嶋秀行, 宮脇正一. 鹿児島大学病院顎変形症外来における外科的矯正治療について. 2011; 鹿歯会報 98巻 677号, 11- 13.
  • Bandow K, Maeda A, Kakimoto K, Kusuyama J, Shamoto m, Ohnishi T, Matsuguchi T. Molecular mechanisms of the inhibitory effect of lipopolysaccharide (LPS) on osteoblast differentiation. Biochem. Biophys. Res. Commun. 2010; 26 (402): 755- 761.
  • Maeda A, Soejima K, Ogura M, Ohmure H, Sugihara K, Miyawaki S Orthodontic treatment combined with mandibular distraction osteogenesis and changes in stomatognathic function. The Angle Orthodontist. 2008; 78: 1125-1132.
  • Maeda A, Soejima K, Bandow K, Kuroe K, Kakimoto K, Miyawaki S, Okamoto A, Matsuguchi T. Force-induced IL-8 from periodontal ligament cells requires IL-1beta. Journal of Dental Research. 2007; 86: 629-634.