鹿児島市の矯正歯科 イーノ矯正歯科クリニック 自立支援医療・顎変形症保険指定医院

無料カウンセリングを行っています。まずはご予約ください。

診療予約・お問合せ : 099-255-8148

9:00〜13:00・15:00〜19:00 
休診日/火曜日午後・木曜日・第二日曜・祝日

イーノ矯正歯科クリニック ホーム > よくある質問

よくある質問

矯正治療について

矯正治療とはどういうものですか?
悪い歯並びの影響としてみなさんがまず考えることは、歯並びの見た目の美しさが損なわれることや発音が不明瞭になってしまうことなどによって、人前で話したり笑ったりすることに対して抵抗を感じてしまうことだと思います。また、あごの形や口元の突出などの外見上のコンプレックスからも、人前に出たがらないということに繋がるケースもあるようです。でも、悪い歯並びの影響は、それだけではありません。悪い歯並びは、歯の寿命を短くしたり、顎関節症(あごの関節が痛い、口が開きにくいなどの症状)の原因になったりすることもあります。また、お口はみなさんのエネルギーの源となる食べ物を、体に取り込むための入り口です。お口から取り込まれた食べ物は、胃腸へ運ばれて全身に栄養を供給しますが、食べ物を前歯で噛みきって奥歯でしっかり咀嚼し、充分な量の唾液と混ぜることで胃への負担を軽減して消化を助けています。歯並びが悪いと、食べ物がよく噛めず、十分噛まずに飲み込むため、胃腸に負担をかけて体調をくずすこともあります。 良い歯並びは心と体の健康を保つために、大切な役割を果たします。当クリニックにおける矯正治療の目標は、理想的な形態と機能を獲得し、その美しく健康な歯並びを皆様の生涯にわたって維持していただくことです。
矯正治療にはどのような方法がありますか?
矯正治療についてのページをご覧ください。
治療後、元に戻ったりはしないのですか?
矯正治療後、歯並びがまったく変化しないということはありません。歯はお口の周りの筋肉の力を受けて自然に動いてしまいます。ですから、唇や舌の使い方や食べ物の食べ方に悪い癖があれば、後戻りの原因になります。当クリニックでは矯正治療後のかみ合わせをできるだけ長く安定させるために、矯正治療と併行してお口の周りの筋機能訓練も行います。また、矯正治療後のメンテナンスも長期的に行います。
歯を抜く必要がありますか?
矯正歯科治療をされる多くの方が「歯は抜きたくない」とおっしゃいます。誰でも虫歯でもない健康な歯を抜くのは抵抗があると思います。当クリニックでは、患者さまの考えを尊重し、「どうしても歯を抜きたくない」という患者さまには、無理に抜歯は行いません。最終的には患者さまご自身で治療方法を選択できます。
とはいえ、あごの骨はソファと同じです。3人がけのソファに5人、6人と座ってしまうと、はみ出たり、座れない人がいるのと同じように、歯を抜かないで無理やり小さなあごの歯列に並べると、かえって口元の審美性を損なって不自然な仕上がりになったり、将来的に歯列の安定も長続きしない場合もあるので、抜歯にもメリットがあります。
ただし、最近ではあごを広げたり、歯を後ろに移動する技術も進歩しているので、歯を抜かずに治療できるケースが以前に比べて格段に増えてきています。
当クリニックでは歯を抜くメリットとデメリットをきちんと説明した上で、患者さまにご納得いただける治療方法を提案します。
治療中にしてはいけないことがありますか?
日常の生活や運動など、特にやっていけないことは何もありません。ただし、装置を指で強く引っ張ったりすると、針金が曲がったり壊れたりする原因になるので注意してください。
また、食べ物も何を食べてもらっても大丈夫です。ただし、取り外しできる矯正装置を使用している場合、装置をつけたまま食べ物を食べると、装置を壊す可能性があるため、装置を外して食べるようにしてください。
転勤などで通院できなくなった場合はどうすればいいですか?
矯正治療は、できることなら同一あるいは同じチームの矯正医に行ってもらうことが望ましいと考えています。ですので、近々転居する予定の患者さまの場合は、転居先で矯正治療を開始することをお勧めします。しかし、転勤などで転居が多い患者さまの場合、転勤がなくなってから矯正治療を開始しようとすると、特にお子さまなどは矯正治療に最適な時期を逃すこともあります。当クリニックの矯正医は鹿児島県内および宮崎市など複数の歯科医院で矯正診療を行っており、転居先がその範囲であれば、当クリニックの矯正医が矯正治療を継続させていただきます。その場合、矯正料金を新たに追加することは一切ありません。それ以外の地域に転居の場合は、転居先の矯正専門医あるいは大学病院を紹介させていただき、治療費も治療の進行具合によって清算させていただきます。

矯正治療の時期と期間

期間と通院はどれくらい必要ですか?
計画した歯の移動量などによって異なりますが、積極的に装置で歯を動かしている期間は、通常1年から3年ほどです。ただし、咬合異常の成因やその程度により、治療期間は異なりますので、具体的には皆様の咬合異常の成因やその程度を直接拝見させていただく必要があります。装置が外れた後は、保定といい歯並びを安定させる時期になりますが、通常2年ほどのフォローをします。通院間隔は、通常ひと月に1回で、保定の期間中は1~4か月に1回の通院となります。
乳歯でも矯正治療が必要ですか?
正しくない歯並びは歯だけの問題でなく、あごの成長やお口の機能にも影響します。乳歯の時期は成長期で、当然上あごや下あごも成長する時期です。また、発音や食べ物の食べ方などの口腔機能を獲得する時期でもあります。そのため、乳歯の時期の正しくない歯並びを放っておくと、あごの歪みなどの原因になる場合があります。ですから、乳歯の時期から矯正治療が必要となるお子さまもいらっしゃいます。お子さまの歯並びやかみ合わせにご心配な点があれば一度ご相談ください。
治療に年齢制限はありますか?
ありません。歯や歯の根っこが埋まっている骨に大きな問題がなければ、何歳でも矯正治療によって歯を動かすことができます。
虫歯や歯肉炎がある場合、治療はどうなりますか?
虫歯や歯肉炎を放置したまま矯正装置を装着すると、症状がさらに悪くなることがあります。ですから、虫歯や歯肉炎がある場合、それをしっかり治してから矯正治療を開始します。また、矯正治療の途中で虫歯などができてしまった場合は、矯正装置を一時的に外さなければならないこともあります。矯正治療中は、いつもより丁寧に歯みがきするよう心がけましょう。

費用について

費用はどれくらいですか?
治療の流れ・費用のページをご覧ください。
治療に保険は適用されますか?
一般の矯正治療はわが国において保険が適応されていないので、すべて自費診療となります。ただし、当クリニックは自立支援医療・顎変形症保険指定の医療機関ですので、唇顎口蓋裂や多数歯欠損など厚生労働省が認めた先天異常に起因する不正咬合や、大きなあごの歪みによる不正咬合であごに対して外科手術を必要とする矯正治療については、健康保険が適応されます。
分割払いなどは可能ですか?
可能です。分割回数はご相談のうえで決定しますので、ご遠慮なくお尋ねください。また、各種カードを取り扱っています。

クリニックについて

駐車場はありますか?
交通アクセスのページをご覧ください。
日曜も診療してもらえますか?
最近では、仕事を持った大人の方が矯正治療をお受けになるケースが増えてきています。また、学校以外での習い事が多いお子さまも増えています。そのような患者さまのために、当クリニックでは第3、第4、第5日曜日も矯正診療を行っています。
初診の際に何が必要ですか?
特に必要なものはありませんが、初診の際に虫歯などが見つかる場合もありますので、保険証をお持ちください。当クリニックでの矯正相談は無料ですので、歯、歯並びあるいはあごの歪みのことなどでご心配なことがあれば、ご遠慮なく何回でもご相談ください。

無料カウンセリングを行っております。

よく噛めるということは、健康な生涯を送るためにとても大切なことです。審美的にも機能的にも良い歯並びを生涯にわたって維持できるようご提案いたします。歯並び・矯正治療に関するご相談は無料です。お気軽にクリニックへお越しください。

  • 当クリニックの診療案内
  • 日本矯正歯科学会 学会の認定医・指導医・専門医とは
自立支援医療・顎変形症保険指定医院 イーノ矯正歯科クリニック IINO ORTHODONTIC CLINIC
診療予約・お問合せ ※矯正治療に関する質問は、メールでも受付ております。 診療予約・お問合せ ※矯正治療に関する質問は、メールでも受付ております。
 099-255-8148  メールでのお問い合わせ
9:00〜13:00・15:00〜19:00
休診日/火曜日午後・木曜日・第二日曜・祝日
鹿児島県鹿児島市新栄町1-1 2F 駐車場有り
FAX.099-255-5657
このサイトはイーノ矯正歯科クリニックが全ての著作権を保有しています。